こどもたちの活動

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:生活や行事の様子
お話会「ならちゃん劇場」

今週から幼稚園が始まりました。

年が明けてから、雪が降ったり

感染症が急拡大したりと、

心配なこともありますが、

年長組は就学に向けて

年中組は進級に向けて

教育活動を充実させていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

本日は、本園の特色ある教育活動

お話会「ならちゃん劇場」を行いました。

講師に元小区内学校教諭 奈良先生をお迎えして、

手遊びや素話、パネルシアターを見せていただきました。

 

感染症対策を行いながら

年中組は、奈良先生と手遊びの中で手を合わせたり

 

誕生月ごとに前に出て、ハンドベルを鳴らしたりするなど

お話を聞くだけではなく、自分たちも参加して楽しみました。

 

 

年長組は、学級のみんなで一緒に手遊び遊びを楽しみました。

 

 

年長児にとっては、今回が幼稚園で参加する最後のお話会になりました。

 

最後は、2年間楽しいお話を聞かせてくださった

ならちゃん先生とハイタッチをしてお別れをしました。

 

これから、年長児にとって「幼稚園では最後」

になることが増えていきます。

少し寂しい気がしますが、

就学への期待につなげられるように

1日1日を大切に過ごしていきたいと思いました。

公開日:2022年01月14日 14:00:00
更新日:2022年01月14日 17:33:46

カテゴリ:生活や行事の様子
お楽しみ会&終わりの会

冬季休業日が始まりました!

こどもたちにとっては、クリスマスやお正月など

楽しいことがたくさんある季節ですね。

寒い時期でもあります、体調に気を付けて、楽しい冬休みをお過ごしください。

 

 

冬休前の幼稚園では、楽しいことがありました!

12月23日には、ホールに集まってお楽しみ会を行いました。

会場には、年長児が作った

サツマイモの茎で作ったクリスマスリースと

年中児が作った、クリスマスバック

そして、みんなで飾り付けた

クリスマスツリーが飾られています。

 

 

会の中では、職員によるジングルベルの演奏や

 

電気を消して、キャンドルサービスなどが行われました。

 

みんなで楽しんでいると、

突然、スペシャルゲスト(サンタクロース)も現れました!

一人一人プレゼントをもらい、とても楽しいひと時を過ごしました。

 

また幼稚園の門には、今年もクリスマスの飾りがつけられました!

 

 

 

これは、毎年ガーデニングの有志の皆さんや

父母の会の役員の方たちが、

こどもたちのために飾りを付けてくださっています。

今年は、24日のクリスマスイブ当日が最終登園日だったため、

早めに片付けていただきましたが、

こどもたちは、とても喜んでいました。

ガーデニングの有志の皆様、役員の皆様

いつも本当にありがとうございます。

 

 

12月24日には、ホールに集まり

終わりの会を行いました。

終わりの会の後には、安全指導を行いました。

「いかのおすし」の合言葉や

「早寝 早起き 朝ご飯」

交通安全について話をしました。

ご家庭でも、こどもたちと話をしていただき

確認をしてみてください。

 

 

夏季休業日が終わると同時に始まった臨時休業

50周年記念の運動会の延期により、学年ごとのカメリンピック

開園50周年記念式典

亀戸中央公園への徒歩遠足

銀メダリストと交流をした、夢未来プロジェクト

ホールでの観劇会

年長、年中組のこども会

年長組の体験給食など 

いろいろなことがありました。

どの行事も感染症対策が伴い、

保護者の皆様には

ご不便やご心配をおかけすることもありましたが

ご協力いただきながら、安全に開催することができました。

年明けも、開園50周年記念移動動物園を始めに

楽しいことがたくさんあります。

引き続き、感染症対策を行いながら、

こどもたちの笑顔と安全を第一に考え

年長児は就学に向けて

年中児は進級に向けて

教育活動を進めてまいります。

来年も、よろしくお願いいたします。

 

公開日:2021年12月24日 18:00:00
更新日:2021年12月26日 19:39:34

カテゴリ:生活や行事の様子
観劇会

本園の“特色ある教育活動”と、父母の会が共催で行う‘’観劇会‘’

昨年度は感染症対策の為、残念ながら中止となりました。

今年は、父母の会の皆様と相談して、人形劇を2回公演にしていただき

座席を離して、密にならずに楽しめるようにしました。

 

 

人形劇団「コパン」の方たちによる

「3びきのヤギのガラガラドン」が始まると

お話しの世界に引き込まれていくこどもたち

ちいさいヤギや、ちゅうくらいのヤギが出てくると

音楽に合わせて身体をゆすったり

繰り返しの言葉を言ったり、楽しんでいる姿が見られました。

 

けれどもお話しが進むにつれ、大きなヤギのガラガラドンが出てくると

大きな声なしゃがれ声にちょっぴりドキドキ・・・

その後には、橋の下に住んでいるトロルが登場します!

さっきの大きいヤギのガラガラドンより、さらに大きな声と乱暴なしゃべり方に

場内の楽しかった雰囲気が一転します。

「怖くなってきたよ~」と泣き出す子や

隣の友達にぴったりとくっつく子もいました。

不安になった子は安心できる先生のそばに移動して

再びお話しの世界に戻ります。

 

大きいヤギのガラガラドンとトロルが戦う場面では

「がんばれ~」「トロルが後ろに来てる~」と

大きいヤギのガラガラドンを応援するこどもたち!

無事に戦いを終えて、3匹のヤギが山に登って草を食べ終わると

お腹が大きくなったガラガラドンたちの様子に

今度は笑い声があふれました。

 

最後に「コパン」の方たちがこどもたちの前に出てきてくださると

年長さんは「2人しかいないよ!」とまたまたびっくりしていました。

いつも遊んでいるホールが素敵な人形劇場に変わり

友達や先生と一緒に、お話しの世界に入って

楽しんだり、怖がったり、喜んだり、怒ったりしたことは

こどもたちにとって、とても充実した時間だったようです。

「あ~楽しかった」「ちょっと怖かったけど、面白かったね」

など、自分が感じたことを教師や友達に伝える姿が多く観られました。

 

翌日、年中組では早速‘’ガラガラドンごっこ‘’が始まりました。

年長組は、こども会の活動へとつながっています。

 

幼稚園では、今後も感染症対策を行いながら

心を揺さぶられる体験を通して

こどもたちの豊かな感性を育めるよう

教育活動を行ってまいりたいと思います。

 

就学前教育スタンダード

【豊かな感性と表現】いろいろな表現を楽しむ

【言葉による伝え合い】楽しく話したりよく聴いたりする

公開日:2021年11月12日 16:00:00
更新日:2021年11月12日 19:06:40

カテゴリ:生活や行事の様子
柿の実を収穫しました!

今年、幼稚園の園庭の柿の木に、たくさんの実がなりました。

あまりにもたくさんの実がなり、木も重そうです。

先週は、週末に台風が来ることも予想されていたので、

みんなで“柿採り”をしました。

最初に主事さんから柿の採り方を教えてもらいました。

みんな真剣な表情で話を聞いていますね。

 

その後は、いよいよ柿を収穫します。

 

柿の実を掴んだら、同じ方向にぐるぐる回して採ります。

 

途中からは、ばら組さんたちもやってきて

柿採りの列に加わりました。

始めは手が届くところの柿を・・・

次にゲームボックスに乗って・・・

更にゲームボックスを重ねたところに上がって採りました。

手が届く範囲の柿を全部採っても、

まだ上の方には、オレンジ色の柿が残っています。

 

そこで今度は、高枝切りバサミを持ってきて

柿の木の下で、みんなでシーツを広げます・・・

 

チョキン!と柿の枝を切ると

広げているシーツに枝ごと柿が落ちてきます。

 

 

落ちてきた枝から柿の実をとり、

カゴいっぱいの柿の実を収穫しました。

 

最初は2人で運ぼうと頑張りましたが

 

重すぎて、みんなで運びました。

 

こんなにたくさん採った柿ですが、

渋柿であることが分かりました。

残念ながら、すぐに食べることはできません。

甘くなるまで楽しみに待つか、焼酎につけるか

お家の人と相談して持ち帰りました。

食べられる日が来るのが楽しみですね!

 

たくさんの実をつけてくれた柿の木へのお礼と

来年も豊作になるようにとの願いを込めて

そして、鳥たちも食べに来られるようにという思いで

木に柿の実を1つだけ残しました。

これは、日本に古くから伝わる「木守り」という風習だそうです。

実はなくなりましたが、今度は、葉っぱがきれいに色づくことでしょう。

今後も、季節ならではの自然物に触れる機会を通して

こどもたちの体験を、より豊かにしていきたいと思いました。

公開日:2021年10月08日 13:00:00
更新日:2021年10月08日 17:57:39

カテゴリ:生活や行事の様子
地域の方との交流

第二亀戸幼稚園では、地域の方たちといろいろな機会を通して交流活動を行っています。

亀戸親友会、亀戸喜楽会の皆様との交流は20年以上継続している活動です。

本来であれば、幼稚園にいらしていただき、

一緒に昔遊びを楽しんだり、

歌を聞いていただいたりするのですが、

感染症拡大防止対策のため

昨年度から交流活動を行うことができません。

そこで、昨年度の“マスクケース”に続き、

今年度もこどもたちが描いた絵と

絵の具を使って作った作品を

“うちわ”に貼って、プレゼントしました。

 

職員が親友会、喜楽会の会長さんや

地域にお住まいの、木工教室の先生方

いつもこどもたちのことを見守ってくださっている

近隣にお住まいの方のところにも、お届けしてきました。

喜楽会の方も親友会の方たちも

昨年度プレゼントした“マスクケース“を大事に使ってくださっていました。

今年の“うちわ”も、とても喜んでくださり

「こどもたちの絵から、元気なパワーをもらえるんだよ」と

嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

こどもたちには、お届けした時に撮らせていただいた写真を掲示して

皆さんが、喜んでくださったことが伝わるようにしました。

 

 

嬉しそうに写真を見ている姿がありました。

 

今年度、開園50週年を迎える第二亀戸幼稚園

引き続き、保護者や地域の皆様に見守っていただきながら

こどもたちが安心して通える幼稚園をつくってまいります。

公開日:2021年09月24日 14:00:00
更新日:2021年09月25日 01:17:31

カテゴリ:生活や行事の様子
保護者の皆様へ

日頃より、第二亀戸幼稚園の教育にご理解、ご協力くださりありがとうございます。

学校連携観戦の中止や、突然の臨時休業の連絡などに不安を感じ、ご心配な方もいらっしゃることと思います。

 

●来週から始まる臨時休業期間中の予定について、お知らせいたします。

1 以下の日程で担任もしくは副園長より、お子様の様子をお伺いするために、各ご家庭に連絡をさせていただきます。

 ばら組 8月30日(月)・9月2日(木)

 ゆり組 8月31日(火)・9月3日(金)

 幼稚園の固定電話、携帯電話からご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

 着信があった場合には、折り返しご連絡をいただけますと助かります。

 

2 休業期間中、毎日ホームページの更新を行います。

 「休業中の幼稚園」のページにて、こどもたちが休業明けの幼稚園の生活を楽しみにできるように、楽しいクイズやお知らせなどを発信していきます。

 こちらのページを閲覧するためには、ログインIDとパスワードが必要になります。

 本日送信した、一斉メールに記載してありますので、ご確認ください。

 変更がある場合もございますが、毎日10時頃には更新する予定です。

 お子様と一緒にご覧いただき、お楽しみください!

 

3 9月3日(金)にはZOOMを活用して、配信を行う予定です。

 配信時間(午前中の予定)や、ID・パスコードなどにつきましては後日お知らせいたします。

 楽しみにお待ちください!!

 

4 休業期間中に予定していました、8月の誕生会につきましては、幼稚園が始まりましたらお祝いをいたします。

 『8月生まれのお友達、お誕生日おめでとうございます!!』

 

5 9月1日に予定していました、防災訓練につきましては延期といたします。

   9月2日に予定していました、父母の会役員会につきましては、中止といたします。

 

●幼稚園からのお願い

1 引き続き、1日2回の検温、健康観察シートへの記入をお願いいたします。

  シートの記入欄がなくなってしまった方はこちらをプリントアウトしてお使いいただくか、ご家庭にあるメモ用紙に、健康観察シートの項目にそって記録をお願いします。

 

2 次に該当する場合には、速やかに幼稚園に連絡をお願いいたします。

 ・お子様や同居のご家族が体調を崩し、PCR検査を受けることになった(受けた)場合

   →結果を待たずに、速やかに連絡をお願いします。

 ・お子様や同居のご家族が、濃厚接触者(疑い)になった場合

  平日は幼稚園、土日、時間外には緊急用の携帯電話にお願いします。

 

3 夏休み前にお渡ししました「なつとあそぼう」を活用いただき、こどもたちがお手伝いをしたり、規則正しい生活がおくれるように、引き続きご協力お願いいたします。

 

4 感染拡大等、状況の変化により、今後の対応に変更がある場合には、ホームページや一斉メールでお知らせいたします。確認をお願いいたします。

 

休業期間中も、平日8:15~16:45には、職員が出勤しています。

何か心配なことや不安なことがありましたら、いつでも幼稚園にご連絡ください!

第二亀戸幼稚園 03(3684)1894 

幼稚園携帯電話 070(1219)5770

公開日:2021年08月26日 18:00:00
更新日:2021年08月27日 12:45:03

カテゴリ:生活や行事の様子
離任式を行いました

5月に予定していた離任式を、本日ようやく行うことができました。

昨年度までお世話になった 安田園長先生と広瀬先生をお迎えして

年長児とのお別れの会をホールにて行いました。

 

ゆり組さんはこの日に向けて

ありがとうの気持ちをこめてプレセントを作ったり、

言葉を考えたりするなど、学級のみんなで何日もかけて準備を進めてきました。

 

プレゼントは みんなでステンシルをした素敵なエコバックと

折り紙の花束、そして、後ろの飾りです。

 

ゆり組みんなで分担して、ハートや星、リボンなどをたくさん作り、飾りました。

年中組の時にお世話になった先生方に

自分たちが成長した姿や

友達と一緒に頑張っているところを見ていただき

あらためて進級の喜びや自分の力を感じる経験になりました。

 


少し寂しいけれど、最後は手を振ってお別れをしました。

 

【就学前教育スタンダード】

●相手の気持ちを考える

●「ありがとう」と言われる嬉しさを感じる

●友達と遊ぶことを楽しむ(共通の目的をもって協力する)

公開日:2021年07月09日 17:00:00
更新日:2021年07月09日 19:20:24

カテゴリ:生活や行事の様子
特色ある教育活動 お話会

本園では特色ある教育活動として、年に2回「お話会」を行っています。

「お話会」と言うより、「ならちゃん劇場」と言った方が

こどもたちにとっては身近かもしれません。

 

元区内小学校教諭の 奈良直子先生を講師にお迎えし

パネルシアターやペープサート、素話などを聞かせていただきます。

 

今年度初めて参加する 年中ばら組さんは

はじめは少し緊張気味でした。

 

楽しいお話を聞いたり、手遊びを一緒に楽しんだりしていくうちに

最後は、みんなで1枚ずつおばけちゃん(カラフルなゴーズ)をもって

歌に合わせて振ったり、投げたり、大盛り上がりでした。

 

 

年長ゆり組のこどもたちは、今年の1月以来の再会となりました。

先生が、ホールでお話会の準備をしていることに気付くと

「ならちゃん先生、こんにちは!」と積極的に声を掛けている様子がありました。

 

ゆり組さんも最後はカラフルなゴースをもって、打ち上げ花火!!

「ひゅ~」と言いながら、花火が打ちあがるタイミングをまって・・・

 

「ドッカーン」とカラフルな花火が打ちあがりました!

さすが年長組さん、みんなのタイミングがばっちり合っています。

 

お話の世界を友達と一緒に楽しんだり

声や動きを揃える嬉しさを感じていました。

 

「就学前教育スタンダード」

【言葉による伝え合い】楽しく話したりよく聴いたりする

【豊かな感性と表現】いろいろな表現を楽しむ

公開日:2021年06月17日 18:00:00
更新日:2021年06月18日 19:33:53

カテゴリ:生活や行事の様子
木工教室

本園では、特色ある教育活動として、毎年年長組に『木工教室』を行っています。

亀戸6丁目にある“東京木工所”の皆様を講師にお迎えし

釘や金槌を使って、自分だけの“宝箱”を作ります。

この活動は、なんと30年以上も続いているそうです!!

もしかしたら、保護者の皆様の中にも、経験されたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか!?

 

木工教室の1週間前から

“東京木工所”からいただいてきた、練習用の板を使って

担任の先生の指導の下、釘打ちの練習を繰り返し行ってきました。

 

『木工教室』当日・・・

講師の“東京木工所”の先生たちと挨拶をした後

先生方が毎日頃使っている、のこぎりや鉋、やすりや電動ドリルなど、本物の工具を見せてもらいました。

実際に工具を使っているところを見せていただくと

のこぎりを使って、あっという間に木片が切れる様子にみんなびっくりしていました。

本物の工具や本物の技を見て、こどもたちの意欲が更に高まりました。

 

その後は、宝箱の作り方を聞きます。

作る手順、必要な材料の板の数など、どの子も真剣に話を聞いている姿が印象的でした。

 

いよいよ“宝箱”を作ります。

自分で必要な分の板を準備して、ボンドや釘、金槌を使って作っていきます。

 

途中で釘が曲がってしまったり、作り方が分からなくなってしまった時には

先生たちが、優しく教えてくださいます。

 

箱が完成すると、蓋の蝶番を電動ドリルでつけてもらいました。

今日はここまでで終わりでしたが、

この後は紙やすりで箱の角を削って、色を塗り、絵を描いて

自分だけの“宝箱”を完成させる予定です。

どんな“宝箱”ができるか楽しみですね!!

 

みんなでお礼を伝えて『木工教室』が終わり、

先生たちとお別れの時、

自分が作った“宝箱”を、先生に嬉しそうに見せている姿がありました。

「また来てね!」「どうもありがとう」など

自然に言葉を交わす姿を見て、とても嬉しく思いました。

“東京木工所”の先生方からも

「こどもたちから パワーをもらいました!」と言っていただきました。

 

今回の活動では『就学前教育スタンダード』の

○自分でよく考える ○十分に試したり工夫したりする

○数や文字などに関心をもつ ○いろいろな表現を楽しむ

などを経験することができました。

 

第二亀戸幼稚園ならではの、地域と連携した教育活動である『木工教室』を

これからも、続けていきたいとあらためて思いました。

 

 

「これからも!」と言えば・・・

ゆり組さんがホールで楽しそうに何かを作っていることに気が付いたばら組さんたちが

木工教室の途中で先生と一緒に見に来ました!

 

「何やってるの?」と興味津々でやってきたのですが

 

電動ドリルの大きな音にビックリ!!

 

でも、大きな音がしても、箱が動かないよう真剣に箱を抑えているゆり組さんを見て

「ゆり組さんってすごい!」「ぼくたちもゆり組さんになったらできる?」

と、年長児に憧れの気持ちをもち、自分たちもやってみたくなりました。

年長児の刺激を受けながら、年中児の世界も広がっていくのですね!

来年の『木工教室』が、今から楽しみです。

公開日:2021年05月21日 13:00:00
更新日:2021年05月21日 18:32:55

カテゴリ:生活や行事の様子
こどもたちの様子

令和3年度がスタートして2週間がたちました。

今、幼稚園の園庭には年長さんが作ったこいのぼりたちが元気いっぱいに泳いでいます。

3~4人の友達と「こいのぼりを作ろう」という目的をもち

こいのぼりの色、うろこの形、うろこの素材、こいのぼりの名前

の4つを友達と話し合って作りました。

黄色いこいのぼりに、キラキラの折り紙で作った丸いうろこを飾った「キラキラちゃん」

赤いこいのぼりに、色画用紙で作ったひよこの型のうろこを飾った「ぴよぴよちゃん」

など、グループごとに工夫をしているところが違います。

こいのぼり作りを通して、

幼児期に必ず体験する内容『就学前教育スタンダード』の中にある

「友達と遊ぶことを楽しむ」「相手の気持ちを考える」

「数や文字などに関心をもつ」「楽しく話したりよく聴いたりする」

「いろいろな表現を楽しむ」を体験しました。

 

 

年中組は、初めての幼稚園生活の中、身の回りのことに自分で取り組んだり

先生と一緒に遊んだり、園庭で体を動かしたりすることを楽しんでいます。

先日は、初めての誕生会がありました。

誕生会は、毎月ホールに集まって、誕生月のお友達を幼稚園のみんなでお祝いする会なのですが、

今年度も感染症対策のため、学年ごとに分かれて行いました。

「誕生会って何かな?」「ホールに行って何をするのかな?」と

こどもたちは、最初は緊張している様子がありました。

誕生会が始まって、4月生まれのお友達が嬉しそうにしている様子を見たり

お友達のお家の人の話を聞いたりしているうちに

少しずつ笑顔が見られるようになっていきました。

お楽しみは、園長先生による大型絵本の読み聞かせでした。

大好きな先生や友達と一緒に、園長先生が読んでくれるお話の世界を楽しみました!

来月、5月のお誕生会も楽しみですね!

公開日:2021年04月23日 08:00:00
更新日:2021年04月25日 18:26:44