開園50周年記念式典挙行

本日は、第二亀戸幼稚園開園50周年記念式典と

併設する第二亀戸小学校開校110周年記念式典を

合同で挙行いたしました。

 

 

江東区長、区議会議長、教育長をお招きし、

地域の皆様と祝う会や実行委員会の皆様などに見守られながら

年長ゆり組のこどもたちも、小学校の6年生と一緒に

記念式典に参加しました。

 

 

練習の時とは違う緊張感の中、

また、練習より長い時間になりましたが、

最後までよく頑張りました!

 

式典中は、年中ばら組のこどもたちも保育室にて

小学校1年~5年生のみなさんと同じように

オンラインにて、式典の様子を見ていました。

「起立」「礼」「着席」など

難しい言葉に合わせて動く年長さんや、6年生の様子を見ていた

ばら組さんも、同じように立ったり、お辞儀をしたりしていたそうです。

 

感染症対策のため、会場には入ることができませんでしたが、

同じ気持ちで参加していたことを聞いて

嬉しい気持ちになりました。

 

また式典にさきがけて、小学校のオンライン記念朝会の中では

祝う会の会長様より、幼稚園への寄贈品の目録をいただきました。

地域の皆様、ありがとうございました。

詳しくはまた後日お知らせいたします。

 

 

さて先日、保護者の皆様に折っていただいた“はな”と“かめ”を使って

主事さんたちが作っていたものはというと・・・

こんなに素敵な飾りです!

 

式典には花が咲くことを予定して、菊の栽培をしてまいりましたが

例年にない暑さや天候不順により、

残念ながら開花は間に合いませんでした。

そこで前日に、ガーデニングの皆様が

この飾りを使って、菊を飾る準備をしてくださいました。

 

小学校正門に並べ、こどもたちが作った“かめごんず”と

前職員の方が作ってくださったおいわいのボードを飾り付けたことで

とても華やかになりました。

華やかと言えば、旧職員の皆様たちからは、お花を送っていただきました。

小学校内の来賓の方たちが通る場所に飾らせていただきました。

ありがとうございました。

 

本日、無事に開園50周年を迎えられましたことは

第二亀戸幼稚園に関わる

全ての方たちの、ご支援によるものと

深く感謝申し上げます。

 

開園50周年の記念の年は、まだまだ続きます。

引き続き、こどもたちが幼稚園のことだけではなく

亀戸の地域を愛し、大切に思う気持ちを育む

一年にしていきいたと、改めて思いました。

更新日:2021年10月16日 17:59:39